神奈川の嘱託殺人 妻を再逮捕 夫に保険金3000万円

 神奈川県警捜査1課などは23日、夫の死亡保険金3千万円をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂容疑で、同県座間市座間の無職、酒巻真実被告(48)=嘱託殺人罪で起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は、昨年11月26日ごろ、東京都千代田区の生命保険会社から夫の和夫さん=当時(61)=の死亡保険金を詐取しようと計画し、事故で死亡したとする虚偽の請求書を提出したが、2月に嘱託殺人容疑で逮捕されて和夫さん殺害事件が発覚して未遂に終わったとしている。

 真実容疑者は「保険金を請求しないと夫を殺したことがばれると思った」と容疑を一部否認しているという。

 真実容疑者は今年3月、知人の男=同罪で起訴=と共謀し、昨年11月に真鶴町の漁港で和夫さんの依頼を受け、海に突き落として溺死させたとして同罪で起訴された。

産経新聞 4月23日(水)19時36分 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード