<「楽天」偽装詐欺>関連会社名乗り4900万円詐取

 大阪府警阿倍野署は1日、インターネット通販大手「楽天」の関連会社を装ったメールや電話で現金約4900万円をだまし取られる詐欺事件があったと発表した。

 阿倍野署によると、被害者は大阪市阿倍野区の50代の女性会社員。女性の携帯電話に先月上旬、楽天の関連会社「楽天リサーチ」を名乗るメールが届いた。女性が記載の連絡先に電話すると、男が「有料サイトを利用した滞納金がある。退会手続きなどで和解金や裁判所に預ける金が必要だ」などと説明した。

 その後も、複数の男から支払いを迫る電話が再三かかり、不安に感じた女性は先月下旬まで複数回にわたり、現金計約4900万円を東京の指定先にレターパックで郵送したという。女性が1日、阿倍野署に被害届を提出した。【岡村崇】

毎日新聞 4月1日(火)22時56分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード