「債権リストに名前がある」 架空請求で3000万円被害

 8日、神戸市垂水区の女性(73)が「架空請求で3千万円をだまし取られた」と垂水署に届けた。同署が詐欺事件として調べている。

 同署によると、4月中旬、女性宅に「ユタカ証券」と名乗る男から「ダイエーの債権リストにあなたの名前が載っているが、消すことができる」と電話があり、女性は削除を依頼した。その後、「ダイエーのセガワ」という男から電話で「ユタカ証券に金融庁の調査が入っている。当社に現金を預けないと、あなたも刑務所に行くことになる」などと言われ、現金200万円をレターパックで郵送。その後数回にわたって要求され、計2800万を送ったという。

神戸新聞NEXT 5月8日(木)23時8分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード