コンビニ店長、なりすまし詐欺防ぐ 注意促し200万円無事

 三春町のコンビニ店長石井数吉さん(60)が「なりすまし詐欺」の被害を未然に防止していたことが20日、分かった。
 田村署によると、19日午後1時30分ごろ、同町の女性(80)が同店を訪れ「お金を入れて郵送する」とレターパックを購入した。
 不審に思った石井さんは、レターパックでは送金できないことを説明したが、女性が購入して帰ってしまったため、町内の郵便局に連絡を取り注意を促したという。
 郵便局からの連絡を受けた同署が調べたところ、女性は株取引を名目とするなりすまし詐欺にだまされ、すでにレターパックで約200万円を送金していたことが分かった。
 現金は首都圏に向けて搬送中だったが、無事に回収されたという。

福島民友新聞 6月21日(土)13時18分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード