原発事故賠償金を約400万円詐取 容疑の男2人逮捕 警視庁

 東京電力福島第1原発事故による風評被害の賠償制度を悪用し、現金約400万円をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策3課は2日、詐欺容疑で、横浜市神奈川区三ツ沢上町、アルバイト、浅野博由(44)と東京都台東区北上野、無職、佐川寿美(46)の両容疑者を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認めている。

 原発事故の賠償をめぐっては、国などが出資する「原子力損害賠償支援機構」から公的資金が投入され、東電が請求の審査を実施。同課は浅野容疑者らが実体のない架空会社を利用して賠償制度を悪用し、計約2400万円をだまし取ったとみている。

 逮捕容疑は、平成24年6~7月、福島県内でコンパニオン派遣業を営んでいたように装い、原発事故で売り上げが減少したとする嘘の納税証明書や確定申告書を東電に提出し、現金約400万円をだまし取ったとしている。

 申請書類の内容を不審に思った東電が24年10月に警視庁に相談していた。

産経新聞 6月2日(月)13時16分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード