大阪の女性から1千万円詐取 受け子役リーダーの韓国人暴力団員を逮捕

 息子を装って大阪府内の女性から現金をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策4課は11日、詐欺の疑いで、韓国籍で指定暴力団極東会系組員、朴秀信被告(35)=詐欺罪で公判中=を逮捕し、極東会本部(東京都豊島区)など数カ所を家宅捜索した。同課によると、容疑を否認している。

 朴容疑者は振り込め詐欺で現金を受け取る「受け子」役のリーダー。同様の手口で大阪府内を中心に少なくとも約5300万円をだまし取ったとみられ、同課は詐取金が暴力団上層部に流れた可能性があるとみている。

 逮捕容疑は昨年4月、大阪府松原市の無職女性(68)宅に息子を装って「中国株で損をした。肩代わりしてくれた先輩にカネを返さなくてはいけない」などと嘘の電話をし、現金1千万円をだまし取ったとしている。

 同課は朴容疑者のグループの受け子役など男4人を同容疑で逮捕しており、その後の捜査で朴容疑者の関与が浮上した。

産経新聞 6月11日(水)14時0分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード