振り込め詐欺「受け子」役 22歳女逮捕 神奈川県警

 神奈川県警横須賀署は18日、息子の同僚を装い同県横須賀市の70代の無職男性から現金をだまし取ろうとしたとして、詐欺未遂の現行犯で茨城県取手市上高井の自称飲食店従業員、山田ユキ容疑者(22)を逮捕した。山田容疑者は「振り込め詐欺のお金かもと思っていた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は18日、別の人物と共謀し、男性宅に息子や息子の同僚を装い「風邪をひいた。1500万円の小切手が入ったかばんを病院に忘れた。いくらか貸してほしい」などと電話をかけ、現金をだまし取ろうとしたとしている。

 山田容疑者は「ネットで高額アルバイトを探していて見付けた。生活費が必要だった」と供述しており、詐欺グループで現金を受け取る「受け子」役とみて、同署でサイトの確認を急いでいる。被害者の男性が声の違いから詐欺に気付き、同署に通報していた。

産経新聞 6月18日(水)20時23分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード