郡山で「なりすまし」250万円被害 息子名乗る男から電話

 郡山市の70代の無職男性が息子を名乗る男からの電話を信じ、現金250万円をだまし取られたことが7日、分かった。郡山署は「なりすまし詐欺」事件として捜査している。
 同署によると、5日昼ごろ、息子を名乗る男から「不審な電話がかかってくるようになったので、携帯電話の番号を変えた」と電話があった。6日午前10時30分ごろには「借りていた1200万円を返さなければならない。いくらでもいいのでお金を入れてほしい。お金は宇都宮駅まで持ってきてほしい」などと電話があった。
 男性は同日午後5時ごろ、宇都宮駅付近で息子の知人を名乗る男に250万円を手渡したという。
 男性が息子に確認したところ、だまされたと分かり、6日に同署に届け出た。
 同市では、5月に70代女性が息子を名乗る男からの電話を信じて東京に赴き、1500万円をだまし取られる被害があった。

福島民友新聞 6月8日(日)11時29分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード