1万円の山林「復興で上昇」、千倍超で買わせる

 「東日本大震災の復興事業で地価が上がる」などと偽り、福島県二本松市の山林を地価の1000倍以上の価格で買わせたとして、広島県警は10日、東京都中野区、無職柿崎樹雄容疑者(47)ら男3人を詐欺容疑で逮捕した。

 周辺の土地についても、全国の約70人が購入した登記がされているといい、県警は、被害総額が約4億円に上るとみて解明を進める。

 捜査関係者によると、柿崎容疑者らは昨年4~5月、愛知県西尾市の70歳代の女性に「震災復興事業で空港が建設されるから地価が上がる」などの架空の話を持ちかけ、実際の地価が1万円余りの山林約500平方メートルを1600万円で購入させ、だまし取った疑い。

読売新聞 6月10日(火)17時59分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード