「なりすまし詐欺」増加 県警・上半期、被害額1億9185万円

 県警は1日、今年上半期の「なりすまし詐欺」の被害状況をまとめた。被害件数は46件(前年同期比2件増)、被害額は1億9185万円(同2060万円増)で、いずれも増加している。
 被害内訳は、振り込みなどを要求するオレオレ詐欺が13件で5025万円、架空請求詐欺が13件で3105万円、融資保証金詐欺が1件で506万円、還付金詐欺が4件で157万円。このほか金融商品取引が8件で8485万円、ギャンブル必勝情報提供が6件で1821万円など。
 6月の被害は11件で、オレオレ詐欺が3件、2050万円、架空請求が5件、893万円など。金融機関で未然に被害が防止されたのは、4件で約1717万円。オレオレ詐欺とみられる電話は計141件あった。

福島民友新聞 7月2日(水)10時57分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード