「掛け子」の拠点摘発=詐欺未遂容疑で男5人逮捕―被害2億円超か・警視庁

 息子を装って無職女性(75)から現金をだまし取ろうとしたとして、警視庁と宮城県警の合同捜査本部は16日、詐欺未遂容疑で、職業不詳、古本忠士容疑者(32)=千葉県柏市あけぼの=ら男5人を逮捕した。詐欺の電話をする「掛け子」のアジトとみられる千葉県柏市のアパートの一室を家宅捜索した。
 警視庁によると、5人はいずれも「身に覚えがない」などと容疑を否認しているという。古本容疑者が掛け子の管理と詐取金の集金役をしていた。
 同課によると、このグループは首都圏を中心に同様の手口で少なくとも200件以上の詐欺に関わり、計2億円以上をだまし取ったとみられる。詐取金の一部は指定暴力団の資金源になっていた可能性もあるとみて調べている。

時事通信 7月16日(水)14時37分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード