870万円の詐欺容疑で45歳会社役員を再逮捕

 白河署は9日午後3時20分、詐欺の疑いで白河市、会社役員鈴木一徳容疑者(45)=恐喝、詐欺容疑で逮捕=を再逮捕した。再逮捕容疑は2012(平成24)年6月初旬ごろ、白河市の会社員男性(61)に知人男性を介して「息子に金を貸している。金を返してもらいたい」などとうそをつき、現金870万円をだまし取った疑い。これまでの逮捕容疑を含めた被害額は2250万円となった。同署によると、鈴木容疑者は容疑の一部を否認しているという。

福島民友新聞 8月10日(日)11時31分

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード