板橋の2億円振り込め詐欺 容疑で受け子の男を逮捕

 東京都板橋区の無職の女性(73)が現金計2億円をだまし取られた振り込め詐欺事件で、警視庁捜査2課は24日、詐欺容疑で、愛知県東海市中央町、飲食店従業員、速水貴寛容疑者(23)を逮捕した。同課によると、容疑を認めている。

 速水容疑者は振り込め詐欺で現金を受け取る「受け子」役。同課は速水容疑者らのグループが昨年11~12月、女性を含む計6人から約3億円をだまし取ったとみている。

 逮捕容疑は25年11~12月、実在する大手商社の社員などを装い、女性方に「社債を購入してくれれば、1・5倍にして必ず買い取る」などと嘘の電話をかけ、現金計5千万円をだまし取ったとしている。

 同課はこれまでに少年2人を含む受け子の男3人を逮捕しており、供述などから速水容疑者の関与が浮上した。

産経新聞 9月24日(水)18時45分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード