静岡県内各地で振り込め被害

 掛川市の農業女性(72)は、息子をかたる男に現金80万円をだまし取られた。
 17日午後1時ごろ、女性宅に息子を名乗る男から「会社の通帳が入ったバッグを電車に忘れた。本社に振り込むお金を立て替えてほしい」と電話があり、同日、指定された神奈川県のJR平塚駅で上司を名乗る男に現金80万円を手渡した。
 三島市の自営業女性(62)は、息子をかたる男に現金約99万円をだまし取られた。
 17日に女性宅へ息子を名乗る男から「先輩の借金の連帯保証人になった。100万円貸してほしい」と電話があり、18日に同市内の複数の金融機関から6回に分けて約99万円を振り込んだ。
 掛川市や三島市、富士市で18日、息子を名乗るおれおれ詐欺や架空請求詐欺で現金をだまし取られる被害の届けが相次いだ。掛川、三島、富士の各署が詐欺事件として調べている。
 富士市の無職女性(87)は、取引の実績作りの交換金名目で80万円をだまし取られた。
 先月下旬、架空の証券会社の男から「大手菓子メーカーが工場を造る。富士市の300人が優先で株を購入できる。当社の代わりに株を購入して」などと電話があった。その後も「あなたの名前で1500万円を払い込んだ。あなたの名前で払い込んだ不正がばれると共犯になる。取引の実績作りの交換金として菓子メーカーに100万円払って」などと言われ、指定された都内の住所に現金を宅配便で送ったという。

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月19日(金)7時51分 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード