偽造クレジットカードで買い物 容疑でフランス人留学生ら逮捕 大阪

 偽造クレジットカードで商品を購入しようとしたとして、大阪府警国際捜査課と曽根崎署は3日、詐欺未遂容疑などで、フランス国籍の専門学校生、レフィス・フランソワ・ディディエ・ジル容疑者(25)=大阪市都島区中野町=ら留学生2人を逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は8月22日午後8時50分ごろ、同市内のディスカウント店で、ギフトカード2万円分を日本人名義の偽造カードで購入しようとしたとしている。

 府警によると、府内では3~8月、ディスカウント店で偽造カードを使って電化製品などを購入する事件が数十件発生。レフィス容疑者の自宅からは、偽造に使ったとみられる機器類などが見つかった。

産経新聞 10月4日(土)7時55分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード