LINE詐欺被害、2800万円=6~10月、都内368件―警視庁

 無料通話アプリ「LINE(ライン)」でアカウントが乗っ取られ、電子マネーなどがだまし取られる被害が相次いでいる問題で、警視庁は29日、被害が発覚した6月から今月下旬までに警視庁に寄せられた相談や被害届は657件、うち電子マネー被害額は368件の計約2800万円に上ると発表した。被害は今月12日を最後に確認されていない。
 同庁はLINEのIDが不正に乗っ取られたなどとして、不正アクセス禁止法違反や詐欺容疑で捜査を進めている。
 同課によると、6月4日~10月27日に警視庁が受理した相談と被害届657件のうち、乗っ取り被害が234件あった。
 LINEは9月から、利用者に4桁の暗証番号(PINコード)の設定を義務化した。

時事通信 10月29日(水)12時54分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード