2800万円詐欺被害 未公開株の取引名目 神戸

 25日午後、神戸市灘区の無職女性(59)が「未公開株の取引名目で計2800万円をだまし取られた」と灘署に届け出た。同署は詐欺事件として捜査している。

 同署によると、6月中旬、女性宅に証券会社の社員を名乗る男から「大手銀行が海外で設立する金融会社の株を購入してほしい。もうけの20%を渡す」などと電話があった。女性は8月中旬までに計4回、指示された海外口座に計1800万円を送金した。

 さらに9月中旬、金融庁職員をかたる男から「証券会社が株の売買をできなくなった。損を取り戻すには、金を払って大手商社に頼む必要がある」などと電話があり、女性は10月下旬、神戸市内のホテルで商社社員を装った男に現金1千万円を手渡した。その後、男たちと連絡が取れなくなり、同署に相談したという。

神戸新聞NEXT 11月25日(火)21時14分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード