架空FX勧誘、15億円集める 和歌山県警、無登録容疑で男2人逮捕

 無登録で外国為替証拠金取引(FX)への投資を持ちかけたとして、和歌山県警は2日、金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで、投資勧誘会社「フローリッシュ・ジャパン」役員、高野真樹容疑者(42)=東京都江東区=と同社員、池宮寛師容疑者(24)=大阪市中央区=を逮捕した。高野容疑者は容疑を認めているが、池宮容疑者は否認している。

 県警によると、同社は全国に約1500人の顧客を持ち、今年5月末までの1年間で約15億円を集金。FX取引に実体はなく、集めた現金の一部はそのまま顧客に配当していたとみられる。県警は詐欺容疑での立件も視野に捜査を進める。

 逮捕容疑は今年4月、和歌山市内の喫茶店で、無職男性(79)に対し、国の登録を受けずに架空の会社名などを挙げ、「出資すればFX取引の収益配当に加え、毎月報酬が受け取れる」などと勧誘したとしている。

産経新聞 12月2日(火)19時32分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード