競馬配当詐欺で4千万円被害 滋賀・近江八幡

 滋賀県警捜査2課と近江八幡署は9日、競馬の高額配当をうたった特殊詐欺で近江八幡市の内装業の男性(56)が現金約4080万円をだまし取られたと発表した。  同課によると、昨年1月中旬~同年4月上旬ごろ、競馬の賭けの仲介会社社員を名乗る複数の男から「独自の情報ルートがあるので絶対に予想は外れない」「特別なレースがあり、当たると360倍になる」などと男性宅に電話があり、男性は指定された銀行口座にインターネットを通じて計75回にわたり現金を振り込んだという。

京都新聞 1月9日(金)23時24分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード