70代女性、1億1千万円被害 金融庁かたる電話詐欺

 福岡県警は26日、北九州市若松区の一人暮らしの無職女性(71)が、うその内容の電話で1億1千万円をだまし取られた、と発表した。県警によると、2011年以降の福岡県内の「ニセ電話詐欺」の1人の被害額としては最多という。

 若松署によると、昨年9月下旬、男の声で「インターネット上で名前が登録されて悪用されるので取り消しますか」と女性の自宅に電話があった。取り消しを頼んだが、「1件のみ消せなかった」と言われた。

 それ以降、お金の話題になり、会社員や弁護士、金融庁職員を名乗る複数の男から「あなたのお金が不正でないと証明するため、預金や生命保険をまっさらにしてください。下ろしたお金は金融庁が預かります」と電話で言われ、女性は信じてしまったという。

朝日新聞デジタル 1月26日(月)23時37分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード