「パチンコよく出る方法宣伝したい」と持ちかけ134万円詐取 容疑で男を逮捕

 「パチンコ台で良く出る方法がある」などと嘘をいって現金をだまし取ったとして、奈良県警捜査2課は9日、詐欺容疑で、埼玉県新座市大和田、古紙回収業、新井豊容疑者(45)を逮捕した。「詐欺事件の金とは知らなかった」と否認している。

 逮捕容疑は、昨年7月16~31日、共犯者が奈良県大和郡山市に住む無職男性=当時(73)=の携帯電話に連絡し、「パチンコ台が良く出る方法を宣伝したいので、手伝ってほしい」などと依頼。男性から計134万3千円を、新井容疑者の口座などに振り込ませ、だまし取ったとしている。

 県警によると、男性は「指示通りにパチンコをやれば大当たりし、1万5千円の報酬がもらえる」といわれ、「参加費」として5千円を振り込んだうえで、指示された方法でパチンコをしたが、全く出なかった。すると、「やり方がおかしい。お前が変なことをしたからおかしくなった」「組織で大がかりにやっているから損害が出ている」などと追加の支払いを要求され、8回にわたって計134万3千円を振り込んだという。

 新井容疑者は、だまし取った金を自身の口座から引き出していた。新井容疑者は「引き出した現金は指定された場所にレターパックで送った」と供述しており、県警で共犯者の行方を追っている。

産経新聞 2月9日(月)20時58分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード