投資会社装い110万円詐取容疑=男4人逮捕、被害2億円超か―警視庁

 架空の投資会社を名乗って会社員女性(55)から現金110万円をだまし取ったとして、警視庁と岐阜県警の合同捜査本部は10日、詐欺容疑で、東京都足立区千住曙町の会社役員仲本昭斗容疑者(32)ら男4人を逮捕した。仲本容疑者は否認し、他3人は容疑を認めているという。
 同庁捜査2課などは同日、千代田区内のアジトを摘発。仲本容疑者らによる被害は25都道府県に及び、詐取金は計2億円以上とみられる。
 同容疑者らは被害者に、毎週1回、架空の収支報告書をメールで送るとともに、「配当金」と称して現金を振り込むなどして信用させていたという。
 逮捕容疑は昨年7~8月ごろ、都内の女性に対し「キャンペーン期間中で1万円の投資で10万円分の配当金を手にできる」などとうその電話をかけ、4回にわたって現金計110万円をだまし取った疑い。

時事通信 2月10日(火)18時58分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード