振り込み詐欺の次の手?「東京まで持ってきてほしい」 78歳女性500万円被害

久留米署は25日、ニセ電話詐欺で久留米市の女性(78)が500万円をだまし取られたと発表した。

署によると22日午後、女性宅に息子を名乗る男から「会社の金を2千万円くらい使い込んでしまった。返さないと首になる」などの電話があった。

さらに「電話番号が変わった。体調が悪くてお金を取りに行けないので東京まで持ってきてほしい」とも言われ、女性は上京。23日午後10時ごろ、指定された東京都大田区の神社で、60代くらいの弁護士を名乗る男に現金500万円を手渡したという。

25日に実の息子に電話し、被害に気付いた。金融機関が多額の振り込みに警戒していることから、同署は持参するように誘導した手口とみて調べている。

西日本新聞 2月26日(木)9時56分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード