詐欺被害回復装い1億円詐取か 詐欺容疑で男4人逮捕・警視庁

 詐欺の被害回復を装って現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は12日、詐欺容疑で、東京都杉並区本天沼、弁当店従業員、石沢僚平容疑者(41)ら男3人を逮捕し、千葉県船橋市宮本、無職、大久保清太被告(26)=詐欺罪で起訴=を再逮捕した。捜査2課によると、石沢容疑者ら2人は容疑を認め、2人は否認している。

 石沢容疑者らは、詐欺の電話を架ける「架け子」役。投資名目の詐欺に以前あった被害者に弁護士や預金保険機構職員を装って電話し、被害返還に費用が必要だと偽る手口で平成25~26年、21人から計約1億1千万円をだまし取っていたとみられる。

 逮捕容疑は26年2~4月、北海道帯広市の無職女性(83)に「弁護士費用を支払えば、被害金を取り戻せる」などと持ちかけ、現金計約630万円をだまし取ったとしている。

産経新聞 2月12日(木)12時23分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード