「円天」詐欺で3億円賠償命令 勧誘した会員も責任認定

 疑似通貨「円天」を宣伝材料にした健康商品販売会社「エル・アンド・ジー」(L&G、破産)による巨額詐欺事件で、出資者62人が同社の元役員と勧誘役の会員ら計39人に総額約3億3850万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。松本利幸裁判長は請求をほぼ認め、元役員ら10人に3億3818万円の支払いを命じた。

 このうち約1億4743万円については会員24人の責任も認め、役員らと分担して支払うよう命じた。

 判決は、勧誘役の会員について「(同社が出資を募った商品は)通常あり得ない高配当で、早々に破綻(はたん)すると認識できた」と指摘。元役員らとともに、賠償責任を負うと判断した。

 出資者の弁護団は「判決は、勧誘してマージンを得た会員の責任も認めており画期的。同種の手法への警鐘になる」と評価した。

 事件では、L&Gの元会長(81)ら22人が組織犯罪処罰法違反の罪に問われ、有罪が確定している。

朝日新聞デジタル 3月30日(月)20時40分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード