偽電話で1億3000万円被害=80代女性、現金を郵送―愛知県警

 名古屋市瑞穂区に1人で暮らす80代女性が、証券会社社員を名乗る男らに電話でだまされ、1億2900万円の詐欺被害に遭ったことが28日、分かった。女性は昨年12月~今年2月、「ゆうパック」で6回にわたって現金を郵送。今月になって、愛知県警瑞穂署に相談した。

 同署によると、女性は昨年11月、男から「名義を貸してほしい」と電話で頼まれ、承諾した。その後、同じ社名をかたる別の男らから「名義を貸したことで、あなたの全財産が国に没収されてしまう。私どもで管理し、後でお返しする」と指示され、関東地方の宛先に現金を送った。
 女性が2月、金融機関で500万円を引き出した際には、職員が不審に思って同署に通報。署員は詐欺被害に遭っていないか用途を尋ねたが、女性は「おいに小遣いを渡す。絶対に大丈夫です」と答えていた。

時事通信 4月29日(水)0時1分配信

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード