「松坂屋」かたる詐欺相次ぐ 静岡県内

 電話で「松坂屋」職員をかたり、キャッシュカードをだまし取る特殊詐欺事件が4月23~30日、静岡県内で5件相次ぎ、計約800万円の現金が不正に引き出された。
 県警生活安全企画課によると、被害に遭ったのは焼津、富士、富士宮の各市に住む70~80代の女性。松坂屋職員をかたる男から「キャッシュカードが悪用されている」と言われ、「銀行協会」に電話するよう求められた。教えられた番号に電話すると、銀行協会を名乗る男がカードの暗証番号を聞いてきた。数十分後には、スーツ姿の若い男が「古いカードを回収する」と、自宅にカードを取りに来たという。
 松坂屋静岡店によると、同様の内容の電話に関する問い合わせが1日までに5件あったほか、グループ店の大丸神戸店にも3月、不審電話に関する問い合わせが約70件寄せられたという。
 静岡店の担当者は「このような電話をかけることは絶対にない」と、注意を呼び掛けている。

@S[アットエス] by 静岡新聞 5月2日(土)7時50分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード