「年金情報漏れた」と不審電話=流出乗じた詐欺か―福岡県警

 日本年金機構がサイバー攻撃を受け、125万件の個人情報が流出した問題で、福岡県内の男性に「あなたの年金情報が漏れた。情報を消すことができる」と電話があったことが3日、分かった。県警捜査2課は、年金情報流出に乗じた詐欺とみて捜査している。

 2日午後3時ごろ、福岡県春日市の無職男性(65)宅に、「消費生活センター職員のタカハシ」を名乗る男から、「あなたの年金情報が漏れている」と電話があった。男は男性に、「情報を消したり、回収したりするには、ボランティア団体の協力が必要。団体の者が書類を作ると、漏れた情報を消すことができる」と告げた。

 直後に、「ボランティア団体のトクナガ」を名乗る別の男から、「連絡を受けた者です。どうしますか」と電話があった。不審に思った男性が「そのままにしておいてください」と答えると、相手が即座に電話を切ったため、警察に通報した。

時事通信 6月3日(水)10時9分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード