年金機構の情報流出に便乗、初の電話詐欺被害

 日本年金機構の個人情報流出問題を巡り、神奈川県警は12日、県内の70歳代の女性がキャッシュカード4枚をだまし取られたと発表した。

 「個人情報が流出した」と持ち掛けられ、口座から約300万円が引き出された。警察庁によると、この問題で詐欺被害が確認されたのは全国初。女性は、個人情報が流出した約125万件の該当者ではなく、便乗した犯行とみられる。

 同県警幹部によると、女性宅には、同機構が個人情報流出を発表した今月1日から5日にかけて、実在しない「国民年金機構」や「消費者生活相談センター」の職員や弁護士を名乗る男から、「あなたの個人情報が流出している。キャッシュカードのデータを消して元通りにするため預かる」などと電話があった。女性は8日、自宅を訪れた弁護士秘書を名乗る男にキャッシュカード4枚を手渡した。

 女性が翌9日に口座を確かめると、複数の口座から計約300万円が引き出されていた。このため同県警に被害届を提出した。暗証番号は、電話でのやり取りの中で聞き出されたとみられる。

 警察庁によると、機構職員などを名乗る不審電話は、12日午後3時までに、38都道府県で291件に上る。同庁は同日、全国の警察に対し、捜査と被害の未然防止の徹底を指示した。

読売新聞 6月13日(土)7時29分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード