だまされたふり…を警官ミス 目の前でATM詐欺被害

 還付金詐欺の電話を受けた大分県国東市の80代女性が1月、事前に相談した大分県警の捜査員の過失でATMから振り込み、現金をだまし取られていたことが2日わかった。県警が被害額の99万9691円を賠償した、と同日発表した。

 県警によると、女性は1月27日に還付金詐欺の電話を受け、約99万円をATMから送金後、不審に思って国東署に相談。翌28日に再び電話を受けたため、県警は振込先の口座を特定して凍結しようと女性にだまされたふりをするよう依頼し、同署の男性巡査(28)がATMに同行した。

 巡査は女性と犯人の電話のやりとりをイヤホンで聞きながら、1メートルほど後ろで画面を確認し、口座を特定した時点で送金操作をやめるはずだった。しかし、巡査が犯人の話に気を取られているうちに、女性は犯人の指示通りに現金を振り込んでいた。同日中に口座を凍結したが、すでに現金は引き出されていたという。

 県警は6月、過失があったとして、国家賠償法に基づき全額を賠償した。巡査と上司の警部(45)を口頭注意した。巡査は当時1人で女性に付き添っていた。県警は「このケースは複数人で対応すべきだった」としている。

朝日新聞デジタル 7月2日(木)17時46分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード