「次男と違う」手渡し詐欺未遂容疑で少年逮捕/浦和西署

 手渡し詐欺で現金を受け取りに来たとして、浦和西署は8日、詐欺未遂の疑いで、男を逮捕、さいたま地検に送検したと発表した。男は黙秘しており、10代の少年とみられるという。

 送検容疑は共犯者と共謀し、6日午後1時45分ごろから、さいたま市桜区の無職男性(75)方に男性の次男を装って「会社の金を友達と流用した」「こっちで200万円用意することになったから、何とか用意してもらえないか」と複数回電話をかけ、現金200万円をだまし取ろうとした疑い。

 同署によると、男性は次男の声と違うことに気付いて110番。警戒中の警察官が男性の自宅付近にいた不審な男に職務質問をしたところ、答えないため同署に任意同行して逮捕した。同署で男の身元の確認を進め、共犯者などを捜査している。

埼玉新聞 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード