なりすまし220万円被害 福島、息子名乗る男電話

 1日午後2時30分ごろ、「息子を名乗る男から電話があり、現金220万円をだまし取られた」と福島市の80代男性から110番通報があった。福島署は「なりすまし詐欺」事件とみて捜査している。
 同署によると、7月30日午後3時ごろ、男性方に息子を名乗る男から「風邪をひいて喉の調子が悪い。携帯電話はトイレに落として使えなくなった。友人と一緒に購入した証券を折半するのに220万円が必要」などと電話があった。話を信じた男性は金融機関から現金を引き出して自宅近くの指定場所に行き、同31日午後5時ごろ、「(息子の)代理で来た」と話す男に現金を手渡した。男性は1日になって息子本人に確認したところ、だまされたことに気付いたという。

福島民友新聞 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード