80代女性、詐欺被害150万円 山形

 県警捜査2課は12日、還付金名目の特殊詐欺で、山形市内の80代女性が現金約150万円をだまし取られたと発表した。

 同課によると、今月11日、女性宅に「山形市役所職員」を名乗る男から電話があり、「3万7500円があなたに入る。別の者から手続きの電話が入るので、携帯電話番号を教えて」と言われた。その後、別の男から連絡があり、自宅近くのスーパーにある現金自動預払機(ATM)に行くよう指示された。

 女性は携帯電話を通じて男に言われた通りにATMを操作したが、「手続きができなかった」と別のスーパーのATMに行くように言われ、そこでも指示された通りに操作した。自宅に戻って取引明細書を確認したところ、最初に約50万円、2度目に約100万円が知らない口座に振り替えられていたことが分かり、警察に通報した。

 県内では特殊詐欺の不審電話が今月10日から3日連続で発生している。12日は午後5時までに県警が計8件確認しており、注意を呼び掛けている。

山形新聞 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード