みずほ銀元幹部に懲役7年=うその投資話で2億円詐取―東京地裁

 うその投資話で約2億円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われたみずほ銀行元幹部及川幹雄被告(52)の判決が25日、東京地裁であり、安藤範樹裁判官は懲役7年(求刑懲役8年)を言い渡した。  弁護側は起訴内容を認め、執行猶予を求めていた。控訴する方針という。  安藤裁判官は「幹部行員の地位や信用を巧みに利用しており悪質」と指摘。「身の丈を超える生活や銀行内での地位を保つために借金を重ね、返済に追われて架空の投資話で資金を集めるようになった。動機に酌むべき点はない」と非難した。  判決によると、及川被告は2011~12年、同行本店の応接室などで、男性医師に「月3%を配当する。私と顧問税理士が企画したスキームで安心」などと架空の投資話を持ち掛け、8回にわたり計2億1500万円をだまし取った。

時事通信 9月25日(金)11時17分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード