アダルト動画見たら「10万円」、表示消すには「8万円」 詐欺容疑、実質運営者ら逮捕

 アダルト動画サイトに不正なプログラムを仕込み、強制表示させた料金請求画面を消す名目で現金を詐取したとして、大阪府警が詐欺と不正指令電磁的記録供用の疑いで、新潟県三条市東本成寺の自称アルバイト店員、鈴木宏幸容疑者(40)ら男6人を逮捕したことが14日、府警への取材で分かった。

 府警によると、サイト運営会社の口座には昨年10月~今年5月、約1千人から計約8千万円の振り込みがあった。鈴木容疑者は容疑を否認しているが、府警は鈴木容疑者が実質運営者だったとみて調べている。

 府警サイバー犯罪対策課によると、鈴木容疑者が運営していた動画サイトは「Sexy Beam」。利用者がアダルト動画の再生ボタンを押すと、不正なプログラムがダウンロードされ、10万円を請求する画面が表示される仕組みだった。さらに、画面を削除するための「会員登録料」と称し、8万円を請求していたという。

 鈴木容疑者の逮捕容疑は2月12日、大阪府内の60代男性のパソコンに料金請求画面を表示させ、消すための登録料として8万円をだまし取ったとしている。

産経新聞 9月14日(月)19時31分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード