79歳、6400万円詐欺被害=弁護士名乗る男に―茨城

 茨城県警太田署は2日、同県常陸太田市に住む農業の男性(79)が、弁護士を名乗る男に複数回にわたって計約6400万円をだまし取られたと発表した。  同署が詐欺事件として捜査している。  同署によると、弁護士を名乗る男から「あなたのところが裁判にかけられている。裁判を止めるために300万円を送ってほしい」と電話があり、男性は6月11日、宅配便で指示された東京都豊島区の集合住宅に送った。  その後も弁護士を名乗る男から「財産申告をごまかしたので、財務省の差し押さえがかかる。裁判所で現金を一時保管するため現金を取りに伺う」などと電話があり、自宅を訪れた30歳ぐらいの男に、7月22日までに8回にわたり現金計6159万円を渡したという。

時事通信 9月2日(水)17時9分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード