うその投資話持ち掛け 2000万円詐取4人逮捕 容疑で県警

 仮想通貨へのうその投資話を持ち掛けて現金をだまし取ったとして、県警特殊詐欺対策室と港北署は22日、詐欺の疑いで、千葉県佐倉市、職業不詳の男(30)ら24〜30歳の男4人を逮捕した。

 逮捕容疑は、共謀し、7月上旬〜9月下旬、名古屋市緑区に住む80代女性に架空法人のパンフレットを送付し、「(仮想通貨の)リップルコインに投資する権利がある。投資できるのは愛知県内で500人だけだ」「投資金額の3倍で買い取る」などとうその電話をし、現金2千万円をだまし取った、としている。

 県警は今月21〜22日、グループが拠点としていた千葉県船橋市の雑居ビルを捜索。携帯電話やノートパソコンのほか、少なくとも1万5千人分の名簿を押収。4人はうその電話をかける「架け子」役で、県警は認否を明らかにしていない。現金は4回にわたり、群馬、静岡両県の郵便局に郵送させていた。

 同一の手口による被害は全国10県で数十件、数億円に上るとみて、余罪を調べるとともに、グループの実態解明を進めている。

カナロコ by 神奈川新聞 10月23日(金)7時0分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード