「トラブルを解決」弁護士装い1200万円だまし取る 詐欺容疑などで飲食店従業員を逮捕 大阪府警

 弁護士や建設会社員を装い高齢者から現金をだまし取ったとして、大阪府警豊中署と豊中南署は2日、詐欺などの疑いで、飲食店従業員の男(20)=東京都葛飾区=を逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は2~5月、19~21歳の仲間の男ら4人と共謀し、大阪府豊中市や池田市などのいずれも80歳代の女性から計1200万円をだまし取ったとしている。

 豊中署によると、手口は、まず建設会社員を名乗る男が「老人ホームの入居権が当たった」と電話。断ると、弁護士を名乗る男が「入居権の転売は違法」などと説明し、「トラブルを解決する」として、宅配便で現金を送らせるなどしていた。

産経新聞 11月3日(火)9時37分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード