「宝くじ当たる」 70代女性、なりすまし100万円被害

 「宝くじに当たる方法を教える」との男からの電話を信じた、いわき市の70代女性が現金100万円をだまし取られたことが13日、いわき中央署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、7月上旬ごろ、女性方に男から「私が言った宝くじの当たり番号が新聞に載っている」などと電話があり、男の話した番号が新聞に載っていた番号と同じだったことから、女性は男の話を信用した。

 10月20日ごろにも、男から「3000万円の宝くじが当たった。当せん金を渡す前に100万円を送ってほしい」などと電話があり、女性は宅配便で100万円を送付した。

福島民友新聞 11月14日(土)13時21分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード