「配当金は600万円」競馬の情報料名目で62歳男性公務員、280万円だまし取られる

 兵庫県警姫路署は25日、競馬の必勝法名目で姫路市内の地方公務員の男性(62)が計約280万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。同署は詐欺事件として捜査している。

 同署によると、今月10日、「サトウ」と名乗る男から「競馬のいい話がある」「情報料に120万円が必要だが、配当金は600万円になる」と電話があった。その後、「ハラダ」という別の男からも同様の電話があり、男性は20日までに総額284万円を指示された銀行口座に振り込んだという。

 男らと連絡が取れなくなるなど不審に思った男性が25日、同署に被害を届け出た。

産経新聞 11月27日(金)10時28分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード