「年金の払い戻しがある」 市職員名乗り振り込め詐欺相次ぐ 滋賀県

 7日から8日にかけて、県内で振り込め詐欺の電話が4件相次いだと滋賀県警特殊詐欺総合対策プロジェクトチームが8日、発表した。

 いずれも市役所職員を名乗り「年金の払い戻しがある」「医療費の還付がある」など架空の還付金をにおわせた。

 4件のうち、大津市内の女性(77)は7日に約50万、8日に約35万を指定された口座に送金し、計85万円をだまし取られた。草津市内の女性(83)は約50万円を送金したが、不審に思った金融機関が送金手続きを止めたため、被害は免れた。

 2人の女性は、近所のATMから送金するよう指示されており、県警は「還付金がある」「近くのATMに行ってほしい」などの電話は全て詐欺だと指摘。市役所職員を名乗る者から電話があったときは、警察や家族に相談するよう呼びかけている。

産経新聞 12月9日(水)10時49分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード