みずほ銀から融資1億円詐取 容疑で男女3人逮捕 警視庁

 みずほ銀行(東京都千代田区)に虚偽の決算書類を見せて融資金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は7日、詐欺容疑で、住所不定、無職、西田信義容疑者(69)ら男女3人を逮捕した。捜査2課によると、西田容疑者は「具体的には分からない」などと否認している。

 西田容疑者らは、複数の偽名で実体のない会社の関係者を名乗り、虚偽の決算書類などを作成。関連口座で現金の出入金を繰り返して経営実態があるように見せかけ、同行や他の銀行から数億円超の融資金をだまし取っていたとみられる。

 逮捕容疑は平成21年10月、実体のない会社の関係者を名乗り、みずほ銀行五反田支店で虚偽の決算書類などを見せた上で、「法人税に約5700万円、賞与に約5千万円が必要」などと嘘を言って、計約1億700万円の融資を受け、だまし取ったとしている。

産経新聞 12月7日(月)19時18分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード