笠松の86歳女性、800万円詐欺被害 孫かたる電話

 岐阜県警捜査2課と岐阜羽島署は30日、羽島郡笠松町の無職女性(86)が、孫をかたる男に800万円をだまし取られる被害に遭った、と発表した。  同署によると、28日午前、女性の自宅に孫をかたる男から「800万円が入った会社の通帳を病院に忘れた。とりあえず500万円が必要で、会社の同僚が取りに行くので渡してほしい」などと電話があり、自宅近くに来た男に500万円を手渡した。同日午後に再び電話があり、会社員を名乗る別の男に300万円を手渡した。  女性は現金を自宅で保管していた分と金融機関から引き出し、用意した。県警は県内の金融機関に対し、高齢者が高額の現金を引き出す際に通報してもらう「全件通報」制度を導入しているが、息子(64)が同伴していたため通報しなかったという。

岐阜新聞Web 2015年12月31日(木)10時28分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード