「ロト6」詐欺で2千万円被害 彦根の74歳女性

 滋賀県警彦根署は12日、数字選択式宝くじ「ロト6」の当選金を受け取ることができるなどといわれ、彦根市内の無職の女性(74)が現金計2050万円をだまし取られたと発表した。詐欺容疑で捜査している。

 同署によると、平成27年9月28日から12月30日ごろにかけて女性に、複数の男から「ロト6は仕組まれた抽選で行われており、当社はその当選金の分配をしている。あなたは分配金を受け取る権利があるが、供託金や保証金が必要」などという電話があった。

 女性は15回にわたって、指定された口座に現金1150万円を振り込んだほか、米原市内で「分配会社」の社員を名乗る男に900万円を手渡した。

産経新聞 1月13日(水)9時4分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード