なりすまし700万円被害 南相馬の70代、警察官装う電話

 南相馬市の70代の市民が警察官を名乗る男からの電話を信じ、現金700万円をだまし取られたことが14日、南相馬署への取材で分かった。同署は「なりすまし詐欺」事件とみて調べている。

 同署によると、同日午前10時ごろから数回にわたり、警察官の「オオノ」を名乗る男から自宅に電話があった。

 男は「預金通帳が犯罪に使われている。通帳にいくらあるか教えてほしい。通帳を解約し現金を手元に置いたほうが安心なので全額解約してほしい」「現金の中に偽札が交じっていることが分かったので調べさせてほしい。部下のスズキという者を向かわせるので渡してほしい」などと話したという。

 被害に遭った市民は同市にある金融機関の窓口で定期預金を解約して自宅に戻り、同日午後0時30分ごろ、受け取りに来た「スズキ」を名乗る男に現金を手渡した。その後、不安になって同署に相談した。

 同署によると、住宅リフォーム費名目で定期預金を解約したという。

福島民友新聞 1月15日(金)12時13分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード