「取り子」の実態把握?息子装い女性から500万円詐取、容疑の23歳電気工逮捕

 女性に息子を装った電話をかけ、現金500万円をだまし取ったとして、警視庁組織犯罪対策2課は16日、詐欺容疑で、住所不詳、電気工の小磯大樹(ひろき)容疑者(23)を逮捕した。「全然関係ありません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、昨年6月22日、東京都東久留米市の無職女性(79)の自宅に息子を装って「投資でお金を使って足りなくなり、500万円貸してほしい」などと電話。杉並区の路上で現金500万円を受け取ったとしている。

 同課は1月、この事件をめぐり小磯容疑者と共謀し、詐取金を上部組織に受け渡す役をしていたとみられる男(20)を同容疑で逮捕。男は、昨年6月に都内の80代女性が500万円をだまし取られた事件をめぐり、受け子役の別の男から金を脅し取ろうとした「取り子」の疑いでも逮捕されていた。

 同課によると、小磯容疑者は今回の東久留米市の女性の事件で、男に報酬として1万5000円を与えていたといい、「取り子」の実態を把握している可能性もあるとみて、詳しい経緯を調べる。

産経新聞 2月16日(火)15時28分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード