仙台の80代女性、1600万円詐欺被害 トラブル解決名目

 仙台市宮城野区の80代女性が、証券購入に伴うトラブル解決の名目で現金1600万円をだまし取られる被害があった。仙台東署は特殊詐欺事件として調べている。

 同署によると、1月20日頃、女性宅に証券会社社員を名乗る男から「あなたはベトナム通貨証券を購入できる権利がある。名義を貸してほしい」などと電話があり、女性が承諾すると、今度は通貨証券販売会社を名乗る男から「名義貸しは犯罪。購入代金を支払う必要がある」と電話があった。女性は同月22日、東京都内の住所宛てに宅配便で現金500万円を送った。

 さらに、女性は別の証券会社を名乗る男から「購入した証券を譲ってほしい。できなければ名義貸しを警察に通報する」などと言われ、28日から2月1日にかけて計1100万円を都内の別の住所宛てに送った。

 その後も複数回にわたり金銭の要求があり、女性が親族に相談して発覚した。

産経新聞 2月11日(木)7時55分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード