富山80代女性、特殊詐欺で500万円被害

 富山西署は14日、富山市の80代女性が孫をかたる特殊詐欺(たのんちゃ詐欺)の被害に遭い、500万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、11日午前9時半ごろ、女性宅に孫をかたる男から「仕事で1200万円が必要になった。500万円を準備してほしい」と電話があった。女性は孫だと思い込み、金融機関で現金を引き出して帰宅したところ、再び電話で「上司の弟がお金を取りに行く」と言われ、同日午後2時半ごろ、自宅に現れた男に500万円が入った封筒を手渡した。

 女性は、その後連絡がないことを不審に思い、実際の孫に確認し、被害に気付いた。

北日本新聞 3月15日(火)0時15分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード