“花粉症関連グッズ”のネット詐欺が増加 “新生活用品”もご用心!

インターネットを利用した詐欺はますます巧妙化し、引っかかる人が後を絶たない。ネット詐欺の現状はどうなのかBBソフトサービス(東京)がまとめた2016年2月度のインターネット詐欺リポートを読むと、シーズンの真っ最中ということもあり、花粉症対策のグッズに関する詐欺の増加が目を引く。

リポートでは、「Internet SagiWall™」が検出・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を報告。それによると、2月の総検知数は77万2,027件で、前月比20.1%減少した。種類別では、ワンクリック・不当請求詐欺サイト(構成比53.58%、前月比2.85ポイント増)、フィッシング詐欺サイト(構成比36.24%、前月比6.15ポイント減)の2つが大半を占める。検知件数こそ減少しているものの、悪質な詐欺は多く注意が必要だ。ちなみに、OSごとにみると、ワンクリック・不当請求は「Android」、フィッシング詐欺は「Windows」で、それぞれ検知比率が高い。

2月に増加が目立った花粉症対策グッズの詐欺サイトは、昨年も3月ごろから同様の詐欺サイトがあったものの、今年は例年より早く花粉の飛散が始まったことも影響し、犯罪者の活動が早まった様子。マスクやアイウエアだけでなく、空気清浄機などの高価な家電製品も含まれるなど、商材の多様化が進んでいるという。

このような詐欺サイトは、商品を購入しても商品が届かないだけではなく、不正なプログラムを仕込まれ、自分が気付かないところでクレジットカード番号や銀行口座へのログイン情報が盗まれる危険性もあるとか。何の疑いもなく、安易に購入しようとすることは禁物と言えよう。

そのほか、これから就職、入学など春の新生活を迎える人が多いと思うが、こうした新生活を“ネタ”に安売りやセールなどの詐欺サイトが、2月から検知されている。新生活に関連するグッズをネットで購入しようと考えている人は、このことを気に留めておきたい。

ネット詐欺は、一向に無くなる様子はない。それならば、引っかからないように、細心過ぎるくらいの注意を払って自衛しよう。

オーヴォ 3月22日(火)17時1分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード