長男名乗る男から電話 無職男性、手渡し詐欺で900万円被害/北本

 鴻巣署は6日、北本市の無職男性(75)が手渡し詐欺で現金900万円をだまし取られたと発表した。

 同署によると、1日午前10時ごろから数回、男性宅に長男を名乗る男から「仕事の契約でトラブルになり、相手の会社に1260万円支払わなければならない」「上司が大部分用意してくれたが、400万円足りない」と電話があった。

 桶川市に住む長男と信じた男性は同午後3時ごろ、指定された東京都北区の路上で、長男の上司のおいを名乗る男に現金400万円を手渡した。

 2日午前10時ごろには、再び長男を名乗る男から「実はまだ1800万円残っている」などと電話があった。男性は同午前11時ごろ、自宅で男に現金500万円を手渡した。男性が5日午後6時ごろ、長男に電話をして詐欺と分かった。

 男は同一人物とみられ、35歳前後で身長170~175センチくらい。黒色のコートを着て、黒色のビジネスバッグを所持していたという。

埼玉新聞 3月6日(日)23時23分配信 元の記事

全国対応無料相談深夜・「詐欺かな?」と思ったら、今すぐご相談ください。

携帯サイト

QRコード